【ソウル聯合ニュース】韓国首相に就任した金富謙(キム・ブギョム)氏が14日、初登庁した。報道陣の取材に対し、新型コロナウイルスについて「この困難は私たちが共に取り組んでこそ克服することができる」としながら、「徹底して統合を目指す首相になる」と抱負を語った。

 金氏は「国民の心を一つに集める」ことで課題に取り組み、解決していくとし、与野党双方には誠心誠意状況を説明して協力を呼び掛けると強調した。さらに「新型コロナとの闘いで多くの国民が疲弊している。この闘いをうまく終わらせてこそ、わが民族、そして後世に良い共同体を譲り渡すことができるだろう」と述べた。献身的な姿勢の国民にも感謝の言葉を伝えた。

 経済政策に関しては、「国民の暮らしが正常に戻り、日常に回帰して初めて経済政策が十分に役割を果たせる」としながら、国民の賛同を得られるよう落ち着いて準備を進めたいとの考えを示した。

 金氏はその後、新型コロナ対策を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議を主宰し、「最優先の課題は当然、新型コロナの克服」と発言。景気回復が加速しているという認識を示した上で、「希望を持って励まし合い、防疫とワクチン接種に団結して参加するよう、切にお願いする」と国民に呼び掛けた。