【ソウル聯合ニュース】アジアサッカー連盟(AFC)は16日、ホームページを通じ、北朝鮮が2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア予選と23年アジアカップに参加しないことが確定したと明らかにした。

 W杯カタール大会アジア2次予選は6月、韓国で開かれる。

 北朝鮮は韓国、トルクメニスタン、レバノン、スリランカとともにH組に入っている。先月、AFCに対し、予選に参加しない立場を伝えていた。

 不参加の理由については、新型コロナウイルスに対する懸念を挙げとされる。

 AFCは予選に参加するよう説得したが、北朝鮮は立場を変えなかったもようだ。