【東京聯合ニュース】韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使が来週にも天皇に信任状を奉呈することが18日、分かった。信任状奉呈を機に両国の主な懸案を巡る外交当局の議論が活発になるか注目される。

 複数の外交消息筋によると、両政府は今月内に姜氏の信任状奉呈式を行う方向で調整している。「早ければ来週にも奉呈式が行われる」という。

 姜氏は1月22日に着任しており、着任から約4か月で信任状を手渡すことになる。姜氏は当初、先月8日に信任状を提出予定だったが、足を痛めたため、延期になったもようだ。

 姜氏は2月12日、外務省に信任状の写しを提出し、大使としての活動を始めた。