【ソウル聯合ニュース】韓国即席麺関連業界の今年1〜3月期の営業利益が急減したことが18日、分かった。昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「巣ごもり需要」が拡大し、即席麺の需要も急増したが、この特需が下火になったことに加え、小麦などの原材料費が上昇したためとみられる。

 食品大手の農心の1〜3月期の連結決算によると、売上高は6344億ウォン(約612億円)で前年同期比7.7%減少した。本業のもうけを示す営業利益は283億ウォンで同55.5%減少した。

 このうち即席麺の売上高は15.4%減の3000億ウォン、スナック菓子は6.6%減の853億ウォンだった。

 国内法人の売上高は4611億ウォンで11.3%減少したものの、海外法人は1733億ウォンで3.3%増加した。ただ、中国での売上高(909億ウォン)は4.9%、米国(871億ウォン)は0.8%それぞれ減少した。

 三養食品の1〜3月期の売上高は1400億ウォンで前年同期比10.5%減、営業利益は143億ウォンで同46.2%減となった。国内の売上高は606億ウォンで23.3%減ったが、海外は793億ウォンで2.6%増えた。

 オットゥギは1〜3月期の売上高が5600億ウォンで前年同期比3.8%増加したものの、営業利益は502億ウォンで同12.2%減少した。

 業界関係者は、昨年1〜3月期は新型コロナ感染拡大の影響で即席麺に特需が生じ、その反動で今年1〜3月期の営業利益が前年比で大きく減少したと説明した。

 また世界的に小麦など穀物の価格が上昇していることも影響した。

 業界関係者は「コロナ禍が長期化し今年1〜3月期は平年程度の売り上げに戻ったものとみられる」と話した。