【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が今月から新型コロナウイルスワクチンを接種した社員に有給休暇を付与する。

 同社は1日に労働組合と協議を行い、ワクチンを接種した社員が接種日と翌日に有給休暇を使えるようにした。現代グロービスも今月1日からワクチン休暇制度を実施している。このほかの現代自動車グループの系列会社も同制度の導入を検討している。

 政府は4月に、ワクチン接種後に副反応とみられる症状が出た場合に有給休暇の取得を認める制度を導入。副反応が出た接種者は医師の診断書がなくても接種後最長2日間の休暇を取れるようにし、民間に対しても賛同を働きかけた。

 先月はサムスン電子に続きLGグループが接種を受ける全ての社員に対し有給休暇取得を認めることを決めた。SKグループの主要系列会社もワクチン休暇制度を実施中だ。