◇新規コロナ感染者 2日連続で400人台

 韓国の中央防疫対策本部は8日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から454人増え、累計14万5091人になったと発表した。市中感染が435人、海外からの入国者の感染が19人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(485人)より31人少なく、2日連続で400人台となった。

◇与党 不動産疑惑で議員12人に離党勧告

 与党「共に民主党」は、政府組織の国民権益委員会による調査の結果、不動産の違法な取引などの疑惑が明らかになった国会議員12人に離党を勧告する方針を発表した。疑惑が浮上した段階で厳しい処分を決めた背景には宅地開発などを手がける公共機関、韓国土地住宅公社(LH)の職員らによる不動産不正投機疑惑で強まった不動産問題に対する国民の批判的な世論がある。ただ、比例代表選出議員が離党する場合は議員職を失うため、旧日本軍の慰安婦被害者支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」前理事長の尹美香(ユン・ミヒャン)氏ら2人については除名処分にする方針だ。

◇4月の経常黒字19.1億ドル 配当支払いでも連続黒字

 韓国銀行(中央銀行)が発表した国際収支(速報値)によると、4月の経常収支は19億1000万ドル(約2090億円)の黒字だった。黒字は12カ月連続。4月に黒字を記録するのは3年ぶりで、前年同月(33億ドルの赤字)比では52億1000万ドル増となる。4月は外国人投資家への配当支払いなど季節要因があり、19年と20年は赤字だったが、今年は輸出と輸送サービスの好調が後押しした。

◇文大統領 今週開催のG7に出席「韓国外交のアップグレード」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は閣議で、今週英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議に出席することに言及し、「われわれの外交がアップグレードする機会になる」と述べた。また、「G7首脳会議に韓国が2年連続で招待されたのは、われわれの国際的な地位がG7諸国並みの水準に高まったことを意味する」と評価した。今年の議長国である英国から招待を受けた文大統領は、11〜13日に開催されるG7首脳会議に出席する。

◇文大統領が補正予算の編成促す 「二極化解消や雇用回復が最優先」

 文在寅大統領は閣議で、「政府は二極化と不平等の解消、雇用回復を最優先に、政策的・財政的支援を集中してほしい」と述べ、税収の上振れ分を活用した補正予算の編成を含め、経済回復に向けた方策づくりに総力を挙げるよう閣僚らに指示した。文大統領は、上位の企業や新型コロナウイルス流行で利益を得た業種は増益が目立ったが、対面サービス分野などでは回復が遅れており、雇用の二極化も深刻だと指摘。その上で、厳しい状況の企業や自営業者が活力を取り戻し、雇用回復ペースが速まるような、国民皆が実感できる経済回復に尽力してほしいと求めた。