【コーンウォール、ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日(現地時間)、英南西部のコーンウォールで開かれている主要7カ国(G7)首脳会議の最初のセッションで、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」に今年1億ドル(約110億円)を供与し、来年に1億ドル相当の現金もしくは現物を提供する方針を明らかにした。

 セッションにはG7のほか韓国など4カ国の招待国の首脳が出席した。

 文大統領はワクチンの公平なアクセス確保のためには早期のワクチン供給拡大が必要と強調。「韓国がバイオ医薬品生産能力に基づき、グローバルワクチンハブ(拠点)の役割を果たせる」として、「米国だけでなく、他のG7ともワクチンパートナーシップを模索できる」と述べた。文大統領は先月下旬に開かれたバイデン米大統領との首脳会談で、「韓米グローバルワクチンパートナーシップ」の構築に合意した。

 また、昨年12月に発足した「北東アジア防疫・保健協力体」をはじめ、保健分野でのデジタル技術活用など、新型コロナウイルスの克服に向けた韓国の経験と取り組みを紹介した。