【ソウル聯合ニュース】オーストリアを訪問中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、ファンダーベレン大統領との首脳会談後に開かれた共同記者会見で、新型コロナウイルスワクチンを巡り、「韓国がグローバルワクチンハブ(拠点)の役割を担う場合、北も当然、協力の対象になる」とし、「北が同意すれば、北へのワクチン供給に協力することを積極的に推進する」と表明した。

 文大統領のこのような構想は新型コロナのパンデミック(世界的流行)を克服するために韓国がグローバルワクチンハブとして積極的な役割を果たすとする計画と一致する。

 文大統領は「開発途上国や低所得国が公平に接種してこそ、はじめて世界がコロナから解放される」とし、「韓国はワクチンの普及を拡大し、世界のコロナ克服に貢献する」と説明した。

 文大統領が新型コロナへの対応を理由に、昨年、北朝鮮に北東アジア防疫・保健協力体への参加を呼びかけたのに続き、ワクチン供給の可能性を提示したことで、北朝鮮がこれに反応を示すか注目される。

 北朝鮮が肯定的な意思を表明すれば、南北対話、米朝対話再開の糸口として作用することが予想される。

 また文大統領は「米国も北に対する人道主義的な協力を積極的に支持している」と説明した。バイデン米大統領は先の韓米首脳会談で、南北対話、南北協力への支持を表明した。

 ファンダーベレン大統領は「パンデミックは全ての国が協力してこそ克服が可能だ。開発途上国、貧しい国などの全てが接種をするのが重要だ」とし、「北朝鮮も同じ」と述べた。

 また「北朝鮮側が(ワクチンの支援に)どのような立場なのかよく分からないが、サインがあれば当然助ける」と強調した。

 文大統領は韓米首脳が共有した対北朝鮮政策を紹介し、「北の呼応があることを期待する」とし、「南北対話・南北協力がさらに拡大すれば、これは朝米(米朝)対話を促進する好循環の役割を担うことになる」と見通した。

 文大統領は13日午後(現地時間)にオーストリアに到着した。国賓として15日まで首都ウィーンに滞在する。