【マドリード、ソウル(共同取材団)聯合ニュース】欧州3カ国を歴訪中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日午後(現地時間)、最後の訪問国、スペインの首都マドリードに到着した。国賓として3日間滞在する。

 新型コロナウイルスが世界的に大流行してから、スペインが国賓を迎えるのは文大統領が初めて。

 文大統領は国王フェリペ6世が主催する晩さん会に出席するほか、サンチェス首相と会談し、新型コロナ対策での協力、税関分野での協力強化、経済分野での協力多角化などについて協議する予定だ。

 また、スペイン上院を訪問するほか、バルセロナで開かれる経済関連の行事にも出席する。