【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は17日、1936年ベルリン五輪の男子マラソンで金メダルを獲得した孫基禎(ソン・ギジョン、1912〜2002)が日本の五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」(東京都新宿区)で日本人メダリストと誤解されかねない形で紹介されているとして、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会と日本オリンピック委員会(JОC)に抗議のメールを送ったと明らかにした。  

 東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、国立競技場の近くにある日本オリンピックミュージアムは、日本の歴代金メダリストを紹介するコーナーで孫基禎の写真を最上段に展示し、「孫基禎 1936年ベルリン大会 陸上競技 男子マラソン」と説明している。

 徐氏は「孫基禎選手が日章旗を付けて日本選手団から出場したのは歴史的な事実だが、孫基禎は韓国人という事実を世界にきちんと伝える必要がある」と述べた。

 その上で日本オリンピックミュージアムも国際オリンピック委員会(IOC)のように、孫基禎について正確な説明書きを添え、観覧者が誤解しないようにする必要があると強調した。

 IOCホームページは孫基禎に関し、当時韓国が日本による植民地支配を受けていたという歴史的な背景とともに「Sohn kee―chung of Korea(South korea)」と紹介している。