◇前検事総長 27日に大統領選出馬表明か 

 来年3月の大統領選挙で野党陣営の有力候補と目される前検事総長の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏が、27日に大統領選への出馬を表明する計画だ。尹氏のスポークスマンが明らかにした。その後に保守系最大野党「国民の力」への入党是非を決定するとみられる。尹氏はスポークスマンを通じて報道陣に送ったメッセージで、「影響力のある人に会ってさまざまな声を聞きたい」とし、国民の力への入党は「その後に判断する問題だ」と述べた。

◇韓国最大野党支持率30% 16年以降最高

 世論調査会社の韓国ギャラップが発表した革新系与党「共に民主党」の支持率は前週と同じ31%、「国民の力」は3ポイント上昇した30%となった。国民の力の支持率はソウル・釜山市長選が実施された4月第1週と同じで、同週に2016年以降、最高を記録していた。「国民の党」と「正義党」の支持率はいずれも5%、「開かれた民主党」は2%だった。

◇米特別代表が19〜23日に訪韓 対北朝鮮政策の検討結果議論へ

 米国務省は17日(現地時間)、ソン・キム北朝鮮担当特別代表が19〜23日に韓国を訪問し、韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長、日本外務省の船越健裕アジア大洋州局長と会談すると発表した。キム氏は韓国政府の高官や学界関係者らとも面会し、米国の対北朝鮮政策の検討結果について意見交換する。国務省はキム氏の訪韓について、「朝鮮半島の完全な非核化への取り組み、安全保障と繁栄、共通価値の維持、ルールに基づく秩序強化を巡る韓米日3カ国協力の根本的な重要性を強調する」と表明した。

◇新規コロナ感染者507人 3日連続で500人超

 中央防疫対策本部は18日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から507人増え、累計15万238人になったと発表した。市中感染が484人、海外からの入国者の感染が23人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(540人)に比べ33人少ないものの、3日連続で500人を上回った。

◇政府「新型コロナ、安定的に管理」 夏休み分散へ

 政府は国内の新型コロナの流行状況について「現在のところ状況を安定的に管理している」と評価した。政府は来月の夏休みシーズンを前に、特定の観光地に人が集まらないようにするための対策を講じている。中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は「公務員や民間のほか幼稚園、塾、保育園でも夏休みを分散させる方策を取っている」と説明した。

◇金正恩氏が米国との対話示唆 朝鮮半島情勢の変化に注目

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)がバイデン米政権の対北政策に対するメッセージを出したことで、長期間膠着(こうちゃく)状態に陥っている朝鮮半島情勢に変化があるか注目される。「外交的解決」を強調してきた米国の対北政策に対し、北朝鮮も対話する考えがあることを示唆したといえ、19日に訪韓する米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表の北朝鮮に対するメッセージに関心が集まっている。