【ソウル聯合ニュース】韓国国家基幹ニュース通信社の聯合ニュースは25日、世界情勢の変化の中で朝鮮半島の平和と未来を模索する「2021朝鮮半島平和シンポジウム」を統一部と共催する。

 ロッテホテルソウル(ソウル市中区)で開かれる今回のシンポジウムは、「バイデン時代:米・中覇権競争激化…朝鮮半島の未来は」をテーマに、韓米両国の議員と外交、安全保障、北朝鮮分野の専門家が発表と討論を行う。

 朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長、与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表、保守系最大野党「国民の力」の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表、革新系野党「正義党」の余永国(ヨ・ヨングク)代表、孫京植(ソン・ギョンシク)韓国経営者総協会会長など政財界関係者が多数出席し、金富謙(キム・ブギョム)首相も映像で祝辞を寄せる予定だ。

 第1セッションは、チェ・アジン延世大国際大学院教授の司会で「アジア太平洋地域の平和共存方法」をテーマに行われる。 

 共に民主党の李光宰(イ・グァンジェ)国会議員は北東アジア中心の外交プロジェクトを提案し、国民の力の朴振(パク・ジン)国会議員は米国と中国が技術覇権を巡って争う中で韓国が取るべき戦略を論じる。

 韓国系のアンディー・キム米連邦下院議員とアミ・ベラ米下院外交委員会アジア太平洋小委員長も発表を行い、米中対立下での韓米同盟の重要性を強調する。

 李仁栄(イ・イニョン)統一部長官の基調演説に続く第2セッションは、米中の覇権争いの中での朝鮮半島の未来と韓米日協力関係の変化、北朝鮮・中国との共存策などをテーマに行われる。

 崔剛(チェ・ガン)峨山政策研究院副院長が司会を務め、キム・ハングォン国立外交院教授と鄭成長(チョン・ソンジャン)世宗研究所北朝鮮研究センター長、孫寿得(ソン・スドク)大韓貿易投資振興公社(KOTRA)経済通商協力本部長、朴元坤(パク・ウォンゴン)梨花女子大教授がそれぞれ発表する。

 シンポジウムは新型コロナウイルス感染拡大防止のため招待者を中心に少人数で行われ、全てのプログラムはホームページ(www.onekorea2021.co.kr)でライブ配信される。