【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、世界的に感染が広がっている新型コロナウイルスの変異株に対応するため、ワクチンを当初予定していた回数より1回多く接種する、いわゆる「ブースターショット」の検討に乗り出した。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長(疾病管理庁長)が24日の定例会見で明らかにした。

 ブースターショットはワクチンの免疫効果を強化したり効力を延ばしたりするために行われ、英アストラゼネカ製や米ファイザー製ワクチンのように2回接種するワクチンの場合は計3回接種を行うことになる。

 鄭氏は、「海外で、どれぐらいの周期で、どのようなワクチンを使ってブースターショットを行うか状況を見ている」とした上で、「臨床試験対象者への検査の結果が出れば、これを根拠にブースターショットの計画を立てることを検討している。さまざまなシナリオによって来年度のワクチン確保計画を検討する」と説明した。