【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は1日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で、新型コロナウイルスの感染防止策のレベル引き上げから3週間が過ぎても感染の勢いが収まらないことから、「政府はより強力な防疫措置を考えざるを得ない」との認識を示した。

 金首相は変異株の感染拡大により期待ほどの防疫効果が出ていないと説明。今月半ばの光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)連休までに感染拡大を防げなければ大きな危機に直面するとして、「今週中に必ず危機克服の突破口を開かねばならない」と強調。観光地を中心に防疫規則違反の取り締まり、点検を強化するよう訴えた。