【ソウル聯合ニュース】エネルギー市場専門の韓国調査会社、SNEリサーチが2日に発表した資料によると、今年上半期(1〜6月)の世界の燃料電池車(FCV)販売台数は約9100台で、前年同期(約4100台)に比べ122.6%増加した。

 メーカー別では、韓国の現代自動車が4700台で首位。昨年の年間1位だった現代は今年1〜3月期に日本のトヨタ自動車に押され2位になったがトップに返り咲いた。今年1月に発売した2021年型「ネッソ」の販売台数が4〜6月期に入り前年同期比91.9%増加し、現代の上半期の販売台数が62.7%増加した。

 トヨタは上半期に3700台を売り上げた。現代に首位の座を明け渡したが、「ミライ」第2世代の発売効果で販売台数は前年同期(400台)に比べ735.1%増加した。3位は日本のホンダで同8.0%増の100台を販売した。

 上半期の世界シェアは現代が51.7%、トヨタが40.9%、ホンダが1.6%。現代は昨年、シェア70.7%で圧倒的1位だったが、今年はトヨタとシェアを二分している。

 SNEリサーチは「現代がいつでもトヨタに逆転される可能性がある。現代はFCVの競争力向上、市場戦略の点検などを行う必要がある」との見方を示した。