【ソウル聯合ニュース】「靴に金塊を隠して出国すれば金を払う」と運び屋を集め、日本に金塊136キロを密輸したとして関税法違反の罪に問われた50代の夫婦について、ソウル中央地裁はこのほど夫に懲役1年、執行猶予2年、妻に懲役8カ月、執行猶予2年をそれぞれ言い渡した。共犯の女には懲役6カ月、執行猶予2年を言い渡した。

 また、犯罪で得た収益約68億5000万ウォン(約6億5000万円)の追徴金支払いを命じた。

 夫婦らは2017年5月から18年5月まで、主犯から指示を受け、香港から密輸した金塊を日本に持ち出した罪に問われた。運び屋を集め、犯行計画や手法に関する教育、航空券の手配、現場指揮などを行った。

 運び屋は夫婦らの指示に従い香港から密輸した金塊を仁川国際空港の乗り換え区域で受け取り、靴の底に隠して日本行きの航空機に搭乗し、税関の監視をくぐり抜けた。

 夫婦らは67回にわたり計136キロの金塊を密輸した。原価基準で62億ウォンに上る。警察の取り調べに対し、密輸を指示し、金塊を渡した主犯は分からないと供述したという。

 地裁は「被告の犯行期間が短くなく回数も少なくない上、密輸した金塊の量も非常に多い」とし、「国の関税業務に混乱をもたらし、信頼に影響を与える犯罪」と量刑の理由を述べた。