【群山聯合ニュース】韓国西部の全羅北道群山市は4日、新たな特産品のキャベツで漬けたキムチを日本に輸出したと発表した。

 先ごろ8トンが船積みされ、年末までに計100トンが輸出される予定だ。

 キムチに使われたキャベツは群山産の小型キャベツ。同市はこのキャベツを使ったおかゆも開発した。来年は台湾などにもキムチを輸出する計画だという。