【ソウル聯合ニュース】米英豪の新たな安全保障枠組みの創設に伴い米英がオーストラリアの原子力潜水艦建造を支援する方針を表明したことを巡り、北朝鮮が米国を非難し、相応の措置を取ることもあると警告した。朝鮮中央通信が20日、北朝鮮外務省報道局対外報道室長へのインタビュー内容を伝えた。

 同室長は米国がオーストラリアの原子力潜水艦建造を支援することについて、「アジア太平洋地域の戦略的な均衡を破壊し、連鎖的な核軍拡競争を誘発する危険千万な行為」と非難。続けて「われわれは米国がこうした決定を下した背景と展望を分析している。わが国の安全にわずかでも否定的な影響を及ぼす場合は必ず、相応の対応を取ることになる」と強調した。

 また、「移り変わる国際安保環境に対処するには長期的な視点で国家防衛力を強化する事業を速やかに進めていかねばならないということを、今一度示してくれた」とも言及した。北朝鮮の軍事力強化の動きを正当化する発言とみられる。