【ソウル聯合ニュース】韓国、メキシコ、インドネシア、オーストラリア、トルコによる中堅国機構(MIKTA)は22日、開かれた社会、多国間主義と民主的価値に対する信念と意思を確認する共同声明を発表した。韓国外交部が伝えた。

 共同声明でMIKTAの首脳は新型コロナウイルスについて、強力かつ対応力のある効果的な多国間主義体制の必要性を確認するきっかけになったとし、このような脅威には活性化した多国間主義によってのみ対応することができると強調した。

 またMIKTAが国連を中心とする効果的かつ開放的で透明な責任ある多国間主義体制を今後も支持する意思を表明した。

 MIKTAが共同声明を発表したのは、昨年、国連創設75周年に合わせて開かれたハイレベル会合で出されて以来、2回目。