【ニューヨーク聯合ニュース】国連総会に合わせて米ニューヨークを訪れている韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は23日午前(米東部時間)、日本の茂木敏充外相と会談した。韓国外交部は、両外相が約50分にわたり、両国間の懸案の解決と未来志向的な関係発展に向けて虚心坦懐(たんかい)に意見を交わしたと伝えた。

 外交部によると、鄭氏は朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着のため南北協力と対話に関わることの重要性を強調した。これに茂木氏は、韓国が掲げる朝鮮半島平和プロセスの実質的な進展へ引き続き協力する意向を示した。

 旧日本軍の慰安婦被害者と強制徴用被害者の訴訟問題、日本の対韓輸出規制なども議題に上った。鄭氏は韓日の歴史問題に対する韓国政府の立場を説明し、解決策を探るために共に努力する必要があると強調。また、日本に対し輸出規制措置の早期撤回を求めた。茂木氏は日本政府の立場を説明したという。

 共同通信によると、両外相は北朝鮮問題への対応での連携を確認した。歴史問題では茂木氏が韓国側の適切な対応を求めたのに対し、鄭氏は韓国政府の立場を説明し、平行線に終わった。

 溝が埋まらない部分もあったものの、両外相は今後も韓日関係の未来志向的な発展を目指し、外交当局間で意思疎通を強化していくことで一致した。

 両氏による個別の対面会談は5月に英ロンドンで行って以来。前日には韓米日の3カ国外相会談を開いた。