【大邱聯合ニュース】日本による植民地時代に強制動員された被害者らを支援する韓国の市民団体「挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は24日、南東部の大邱市内に設置されている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の頭をたたくなどした外国人2人を警察に告発したと明らかにした。

 この少女像は市中心部の2・28記念中央公園にある。市民団体によると、外国人の男2人が少女像の頭をたたいたりはしゃぎながら記念撮影をしたりする様子を動画撮影し、19日に交流サイト(SNS)に投稿した。動画はすでに削除されているが、同団体は少女像に対する侮辱だとして警察に告発状を提出した。

 非難が集中すると、外国人は翌日に少女像を再び訪れ、謝罪する様子を撮影してアップした。

 市民団体の関係者は「慰安婦被害者を象徴する造形物をあざけった」とし、「こうした行動が誤りだということを知ってもらい、再発を防ぐために告発した」と説明した。

 この少女像を巡っては、昨年6月に40代の男が器物損壊の容疑で立件されている。男は像に着けられていたマスクと自由を表すチョウの形の装飾物を勝手に取り外した。