【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が南北首脳会談開催の可能性に言及した。

 与正氏は25日、朝鮮中央通信を通じ発表した談話で個人的な見解と前置きした上で「意義ある(朝鮮戦争の)終戦が時期を逃さず宣言されるのはもちろん、北南(南北)共同連絡事務所の再設置、北南首脳会談のような関係改善のさまざまな問題も建設的な協議を通じ、近いうちに解決できると思う」と表明した。

 また、前日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の終戦宣言の提案について「良い発想」とする談話を発表してから韓国の政界を注視した結果、「冷え込んだ北南関係を一日も早く回復させ、平和的安定を成し遂げようとする南朝鮮(韓国)各界の雰囲気は防げられないほど強烈であるとの感じを受けた。われわれもまた違わない」と説明した。

 ただ、「公正性とお互いに対する尊重の姿勢が維持されてこそ、北南の間の円滑な意思疎通ができる」とし、「二重基準」と敵視政策、敵対的言動などがあってはならないと強調。朝鮮半島地域で軍事力のバランスを崩してはならないとも指摘した。