【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省は26日、日本の菅義偉首相の国連総会一般討論演説について、「実現の可能性が全くない『核、ミサイル、拉致問題』の解決という荒唐無稽な広告板を国連まで担いできた」などとしながら、「問題の性格と本質を無視し、反共和国(北朝鮮)敵視政策の本性を再びあらわにした」と非難した。

 外務省はこの日、同省日本研究所の李炳徳(リ・ビョンドク)研究員の文章をホームページに掲載。「日本で次期首相が誰になろうと対朝鮮(北朝鮮)敵視政策を踏襲する政治家とは決して付き合わない」と主張した。

 菅首相は24日(現地時間)に国連総会一般討論でのビデオ演説で、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「わが国、地域、国際社会の平和と安全を脅かす」と批判。北朝鮮による拉致問題についても「解決は一刻の猶予もない」と訴えた