【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルス流行の「第4波」がさらに拡大する中、来週から適用される政府の感染防止策「社会的距離の確保」のレベルが来月1日に発表される。中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長が27日の会見で伝えた。

 具体的な内容について、孫氏は「今週の状況を見極める必要があり、様々な意見を取りまとめる部分が多い」とし、「現時点では内容を話すのは難しい」と説明した。

 1日当たりの新規感染者数が3000人を超えるなど感染が拡大していることから、当分の間、防疫のレベルを緩和するのは難しいとの見方が出ている。

 専門家らは来月3日が期限となっている現在の社会的距離確保のレベル(首都圏は最高レベルの第4段階、首都圏以外は原則第3段階)を2週間延長する可能性が高いとみている。

 1

 1日当たりの新規感染者数は25日に3273人を記録し、国内では初めて3000人を超えた。また、27日午前0時までの24時間に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は2383人で、月曜日に発表される日曜日の感染者数としては過去最多となった。