【ソウル聯合ニュース】韓国政府は17日、東京の靖国神社で秋季例大祭が始まったことに合わせ、岸田文雄首相が「真榊(まさかき)」と呼ばれる供物を奉納したことと菅義偉前首相が参拝したことに遺憾を表明した。

 韓国外交部は「政府は日本の過去の侵略を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)する靖国神社に日本の責任あるリーダーらが再び供物を奉納したり参拝を繰り返したりしたことに深い失望と遺憾を表す」とした報道官論評を発表した。

 また、「日本の責任ある関係者が新しい内閣の発足を機に歴史を直視するとともに、過去の歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すことを促す」と強調した。