【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は19日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会の緊急会議を開き、北朝鮮が同日に弾道ミサイルを発射したことに深い遺憾を表した。

 委員らは北朝鮮のミサイル発射が朝鮮半島平和プロセスを進展させようとする米国、中国、日本、ロシアなど周辺国との協議が活発化している状況で行われたと指摘し、深い遺憾を表明。朝鮮半島情勢の安定が急がれるとして、北朝鮮に対し早期の対話再開を促した。

 また、北朝鮮の動きを注視しながら、米国など関連国と緊密な協議を通じ、必要な措置を講じることを確認した。

 青瓦台が公開した常任委員会の出席者に情報機関・国家情報院(国情院)の朴智元(パク・チウォン)院長は含まれなかった。政府消息筋によると、朴氏はこの日、米国のヘインズ国家情報長官、日本の滝沢裕昭内閣情報官とソウル市内で非公開会合を持つ。

 韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が同日午前10時17分ごろ、東部・新浦の海上から朝鮮半島東の東海に向けて潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる弾道ミサイル1発を発射したと明らかにした。新浦は北朝鮮がSLBMの搭載が可能な潜水艦を建造している場所で、約2年ぶりにSLBM発射実験を再開した可能性がある。