【ソウル聯合ニュース】韓国外交部と疾病管理庁は25日、イランに英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン100万回分を供与すると発表した。

 イランは新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあるものの、ワクチンの確保が円滑に進んでおらず、人道危機が迫っているという。

 政府側は供与するワクチンについて、27日にイランに到着し、両国の60年にわたる友好関係の象徴としてイランに伝達される予定と説明した。

 政府は人道的な見地から、国際社会のイランに対するワクチン支援に参加するとの立場を示し、供与に関する具体的な方策を協議してきた。

 韓国政府が新型コロナワクチンを供与するのはベトナム、タイに続き3カ国目。