【ソウル聯合ニュース】世界保健機関(WHO)が26日公表した報告書によると、北朝鮮で今月8〜14日に住民678人が新型コロナウイルスの検査を受け、全員陰性だった。

 北朝鮮で検査を受けた人は累計4万2773人となったが、感染者はいまだに「ゼロ」だ。米政府系のラジオ自由アジア(RFA)は、WHO報告書のこうした数値は全て北朝鮮当局からの報告を基にしていると伝えた。

 北朝鮮は新型コロナワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」からワクチン199万2000回分を受け取ることになっているが、まだ供給は行われていない。