【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、イタリアで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)などに合わせて欧州を歴訪するため、ソウル空港(軍用空港)から出発する。

 9日間の日程で最も注目されるのは、29日(現地時間、以下同じ)に予定されたバチカン(ローマ法王庁)でのローマ教皇フランシスコとの会談だ。この会談では朝鮮半島平和プロセスを進展させるための方策について意見交換が行われる見通しだ。

 文大統領がバチカンを訪問するのは2018年10月以来、2回目。教皇は当時、文大統領との会談で「北朝鮮から公式の招待状が来れば、行くことは可能」と述べたが、まだ実現していない。

 政界関係者の間では、今回の会談で教皇の北朝鮮訪問に関連した話し合いが再び行われるとの見方が出ている。任期が残り約半年となった文大統領は膠着(こうちゃく)状態にある朝鮮半島平和プロセスを進展させるための糸口を模索するとみられる。

 バイデン米大統領が文大統領と同じ日に教皇と会談する予定であることから、この前後に韓米首脳会談が実現すれば、北朝鮮に向け対話再開を促すメッセージが出される可能性もある。

 文大統領は30、31両日にイタリア・ローマで開かれるG20サミットに出席し、包容的かつ持続可能な回復および再建のための国際協力について主要国の首脳らと議論する。

 来月1、2両日には英グラスゴーで開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に参加する。文大統領は温室効果ガスの排出量を2030年までに18年比40%削減するとの韓国の削減目標(NDC)を発表する見通しだ。

 英国訪問後はハンガリーを国賓訪問し、同国の首都ブダペストのドナウ川で2019年に発生した遊覧船沈没事故の犠牲者を追悼する場を訪れる。同事故では韓国人観光客ら30人近くが犠牲になった。

 ハンガリーでは同国のアーデル大統領と首脳会談を行うほか、ポーランド、チェコ、スロバキアを加えた東欧4カ国(V4)との首脳会議に参加し、それぞれの首脳と2国間会談を行う。またビジネスフォーラムにも出席する。