【ローマ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日午後(現地時間)、イタリア・ローマに到着した。バチカン(ローマ法王庁)訪問を皮切りに、欧州で9日間の外交日程をこなす。

 文大統領は29日にバチカンを訪れ、ローマ教皇フランシスコと会談する。韓国政府が取り組んでいる朝鮮半島平和プロセスを進展させるための方策について意見を交わすとみられる。文大統領のバチカン訪問は2018年10月以来、2回目。

 30、31の両日はローマで開催される主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席し、包容的かつ持続可能な回復と再建に向けた国際連携を話し合う。主要国首脳らと2国間会談も行う予定だ。

 続いて英グラスゴーに移動し、11月1、2両日に同地で開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に参加する。文大統領は気候変動への対応として温室効果ガスを削減する意思を表明し、同排出量を2030年までに18年比40%削減するとした韓国の削減目標(NDC)を発表する見通しだ。

 英国訪問を終えるとハンガリーを国賓訪問する。首都ブダペストのドナウ川では19年に韓国人観光客ら30人近くが犠牲になった遊覧船沈没事故が起きており、文大統領は付近に設けられている追悼の場を訪れる。ハンガリーとポーランド、チェコ、スロバキアによる東欧4カ国(V4)首脳会議への参加なども予定している。

 文大統領は5日に帰国する。