【ワシントン聯合ニュース】米国防総省のカーリン副次官は29日(現地時間)の記者会見で、韓国に「核の傘」を提供する政策に変化があるかどうかについて、「拡大抑止は絶対的に重要だ」として、「いかなる変化もない」と述べた。

 また、来月2日に開かれる韓米定例安保協議(SCM)に合わせてオースティン国防長官が韓国を訪問することに関し、「(韓国側と)抑止政策を含め、生産的な議論を行う」と表明。「北朝鮮の問題のある無責任な行為について懸念している」とし、「オースティン長官の訪韓中、対話の主なテーマになると予想する」と説明した。