【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は2日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が1人増え、計6人になったと発表した。

 韓国では前日、オミクロン株の感染者が初めて確認された。防疫当局は感染者について、ナイジェリアを訪問後、先月24日に帰国した仁川市在住の40代の夫婦と、夫婦の知人でウズベキスタン国籍の30代男性、ナイジェリアを訪問し先月23日に帰国した京畿道在住の50代女性2人の計5人と説明した。

 新たな感染者は10代男性で、前日感染が確認された40代夫婦の息子。

 オミクロン株の感染者は現在6人だが、接触者の追跡調査の結果、今後、感染者が急増する可能性がある。