【瀋陽聯合ニュース】北朝鮮が中国に送った貨物列車が17日午前7時ごろ、中国遼寧省の丹東を出発し、中朝を結ぶ鉄橋「中朝友誼(ゆうぎ)橋」を渡って北朝鮮に戻った。北朝鮮消息筋が伝えた。生活必需品や医薬品などの緊急物資を積んでいるとみられる。

 この貨物列車は前日午前9時ごろ、北朝鮮北西部の新義州の方向から中朝友誼橋を渡って丹東に到着していた。

 北朝鮮は新型コロナウイルスの流入を防止するため、2020年1月に国境を封鎖し、同年夏に中国との陸路貿易を全面的に中断した。それから約1年半ぶりに中朝間の貨物列車が運行された。

 韓国政府筋は、北朝鮮が今回の運行を皮切りに、10〜20両編成の貨物列車を使って中国からの物資調達に乗り出すとの見方を示している。