【リヤド聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日午後(現地時間)、サウジアラビアに到着した。

 この日午前に中東歴訪の最初の訪問地であるアラブ首長国連邦(UAE)を専用機で出発した文大統領は、約2時間後にサウジアラビアの首都リヤドに到着した。

 空港では同国のムハンマド皇太子が文大統領を出迎え、歓迎式典が開かれた。

 韓国首脳のサウジ訪問は、2015年に当時大統領だった朴槿恵(パク・クネ)氏が訪問して以来となった。

 文大統領はサウジでムハンマド皇太子と会談するほか、両国の企業関係者による経済行事「スマート革新成長フォーラム」に出席し、基調演説を通じて両国の協力方向を提示する予定だ。