【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年の日本ビールの輸入額は小幅増加したが、日本製品の不買運動以前と比べると依然として1割以下の水準だったことが、24日分かった。

 関税庁と酒類業界によると、昨年の日本ビールの輸入額は687万5000ドル(約7億8200万円)で、前年比21.3%増加した。

 日本ビールの輸入額は2018年の7830万ドルとピークを記録したが、19年に3975万6000ドルに急減したのに続き、20年には566万8000ドルまで減少した。

 昨年の日本ビールの輸入額は小幅増加したが、18年に比べると91.2%減と、3年前の輸入額の9%にも満たない水準にとどまった。

 日本政府が19年8月に韓国に対する輸出規制措置を取ったことで、韓国でビールなど日本製品に対する不買運動が起こった影響が続いているためとみられる。

 18年に輸入額1位だったアサヒ、サッポロ、キリンなどの日本ビールは、韓国の大型スーパーやコンビニエンスストアなどで他の輸入ビールに売り場を譲ることになった。

 昨年の輸入ビールの原産地をみると、1位はハイネケンの生産国のオランダで、4343万2000ドルに上った。

 以下、中国(3674万9000ドル)、ベルギー(2762万2000ドル)、ポーランド(2010万6000ドル)、米国(1845万3000ドル)、アイルランド(1642万8000ドル)、ドイツ(1560万1000ドル)、チェコ(793万6000ドル)の順だった。日本はチェコに次いで9位だった。

 日本ビールの転落により、ビールの輸入額全体も大きく減少している。

 昨年のビール輸入額は前年比1.7%減の2億2310万ドルで、16年(1億8155万6000ドル)以来5年ぶりの低水準となった。日本ビールの輸入額が最も多かった18年の3億968万3000ドルをピークに昨年まで3年連続で減少傾向を示した。

 昨年のビール輸出額は前年比12.5%減の5998万ドルで、10年(4683万6000ドル)以来11年ぶりの低水準だった。

 ビール輸出額も18年の1億5444万4000ドルをピークに減少に転じた。19年に1億4622万9000ドルに減少したのに続き、新型コロナウイルスの感染が拡大した20年には6853万ドルに急減した。

 輸入額を差し引いた貿易収支は1億6312万ドルの赤字となり、赤字額は過去最大を記録した。

 一方、昨年の韓国ビールの日本への輸出額は前年比289.1%急増した668万5000ドルで、11年(953万9000ドル)以来10年ぶりの高水準だった。貿易収支は19万ドルの赤字で、06年(252万5000ドルの黒字)以来最小の赤字幅となった。