◇1日当たりコロナ新規感染者 来月には3万人以上も

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が本格化するなか、政府は来月には1日当たりの新規感染者数が最大3万人以上に上るとの見通しを示した。政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は、CBSラジオのインタビューで「オミクロン株が今後2〜3週、または2月中に90%以上を占める支配種になるだろう」としながら「感染速度がデルタ株より2〜3倍速いため感染者数の増加は避けられず、(来月には)1日2万〜3万人かそれ以上もあり得るとみている」と述べた。

◇コロナ自宅療養期間10日から7日に短縮 あすから

 中央災難(災害)安全対策本部は定例会見で、26日から新型コロナウイルスの在宅治療(自宅療養)者の隔離期間を現行の10日から7日に短縮すると発表した。これに先立ち、政府が26日からワクチン接種を完了した感染者の隔離期間を10日から7日に短縮すると発表したことを受け、隔離中に受ける在宅治療の期間も7日に短縮した。ただし、ワクチン未接種者が感染した場合は3日間外出を自粛する「自主隔離」期間が追加される。

◇北朝鮮 巡航ミサイル2発発射か

 韓国の複数の軍消息筋によると、韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が25日午前、巡航ミサイルと推定されるミサイル2発を朝鮮半島東の東海上に発射したとみて、機種などを分析している。北朝鮮は今年に入り、弾道ミサイルの発射実験を4回実施した。今回を含めると5回目の武力示威となる。ただ、巡航ミサイルの発射は弾道ミサイルと違い、国連安全保障理事会決議に違反しない。

◇昨年の人口移動2年ぶり減少 ソウルは10万人の純流出

 統計庁が発表した人口移動統計によると、転入届をベースに集計した昨年の全国の移動者数は721万3000人で、前年比6.7%(52万2000人)減少した。移動者が減少したのは2019年以来2年ぶり。広域自治体(17市・道)別にみると、ソウル(10万6000人減)、大邱(2万4000人減)、釜山(1万9000人減)など9地域で転出者が転入者を上回る純流出が発生した。