【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の崔鍾文(チェ・ジョンムン)第2次官は28日夜、日本政府が新潟県の「佐渡島の金山」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に推薦することを正式に決めたことについて、相星孝一・駐韓日本大使を呼んで抗議した。

 佐渡島の金山では日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が強制労働させられた。

 韓国政府は、佐渡島の金山の世界文化遺産登録推進に反発してきたが、岸田文雄首相は同日、ユネスコへの推薦を正式に表明した。

 日本政府の決定を受け、外交部は報道官声明を出し、強い遺憾を表明。推薦を中止するよう求めた。同部はさまざまなルートを通じて日本側に抗議する予定だ。