【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は23日(日本時間)に放送された米CNNテレビとのインタビューで、北朝鮮との関係に関連し、ボールは金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の側にあるとし、韓国と対話を始めるのは金国務委員長が選択する問題であり、韓国は北朝鮮を崩壊させる考えはないと述べた。

 

 CNNによると尹大統領は「北の挑発や北が引き起こすあつれきから一時的に抜け出そうとするのはわれわれがすることでない。これまでの5年間で、このような接近方式は失敗したことが証明された」と主張したという。

 また尹大統領が「私が願うのは朝鮮半島の共同繁栄だ。北が核能力を向上させることは国際平和の維持に役に立つことでも、良いことでもないと考える」と強調したと報じた。

 韓米合同軍事演習の再開に関しては、「定期的な軍事演習は準備体制を整えようとする世界すべての軍隊の基本義務」と話したと報じた。 

 韓米同盟の強化が中国を刺激する可能性については「安全保障、技術分野で米国と同盟を強化するとしても、(それが)中国との経済協力を重要でないと考えることではない」とし、「中国がこの問題に過度に敏感に反応するのは合理的でないと考える」と話したと伝えた。