【ソウル聯合ニュース】韓国軍の消息筋は30日、北朝鮮がここ数日間の大雨のため、北朝鮮から韓国に流れ込む臨津江の上流にある黄江ダムの放流を行ったと明らかにした。韓国軍は臨津江の水位上昇などによる被害を防止するため、関連状況を注視しているという。

 黄江ダムの放流が行われると、韓国側の臨津江の下流にある郡南ダム(京畿道漣川郡)に到着するまで4〜5時間がかかる。

 韓国政府は28日、北朝鮮に対し、ダムを放流する際は事前に通報するよう求めたが、回答せず放流したとみられる。

 黄江ダムの貯水量は郡南ダムの約5倍の3億5000万トンに上り、水門を開けると郡南ダムの水位が急速に上昇する。

 南北軍事境界線に近い韓国側の必勝橋付近の水位は一時5メートルまで上昇したが、30日午前には約3メートルに下がった。必勝橋付近の水位が5メートルを超えると、住民に避難命令が出される。