【ソウル聯合ニュース】米IT大手マイクロソフト創業者で、慈善団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同議長を務めるビル・ゲイツ氏が16日に韓国国会で演説し、感染症対応を巡る国際連携について、「韓国がより大きな役割を果たすことを望んでいる」と述べた。

 ゲイツ氏は「韓国は海外からの援助と大変な努力、創造力により一世代で戦後の廃虚から経済大国に様変わりした」として、「グローバルファンドへの投資が重要で、韓国は先導的な役割を担う適任者」と強調。「ワクチン製造力、研究開発(R&B)の専門性、バイオ製造人材など韓国は新型コロナウイルスと診断検査部門で先導的な役割を果たしている」と述べた。

 また、「(われわれは)人類を感染症から救える」とし、「今後、韓国との強力なパートナーシップの下でこれらをやっていくことを望む」と訴えた。