【ソウル聯合ニュース】韓国の大手スーパー、ロッテマートは17日、米国で若者を魅了したマッコリ(韓国伝統の濁り酒)「MAKKU」を韓国で初めて販売すると発表した。

 ロッテマートが運営するワイン専門店「ボトルバンカー」で販売される「MAKKU」は、韓国系米国人のキャロル・パク氏が2019年に開発し、米国で発売したフルーツ味の缶入りマッコリ。伝統的な製造方式を維持しつつ、ブルーベリーとマンゴーの味を加え気軽に楽しめる。米国で100万本を売り上げるほどの人気ぶりだ。

 韓国発売を記念し、ロッテマートのゼタプレックス店内のボトルバンカーで23日に試飲会が行われる。

 ロッテマートは1〜7月の韓国伝統酒の売り上げが前年に比べ60%以上増加したことを受け、異色のマッコリなど多様な伝統酒を販売する計画だ。