【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の軍用機12機が6日午後2時ごろ、韓国軍の特別監視線周辺で示威行動とみられる編隊飛行を行い、韓国軍の戦闘機F15Kなど約30機が出動した。韓国軍は北朝鮮軍の戦闘機8機と爆撃機4機が空対地射撃訓練を行っていると推定している。

 北朝鮮のこうした編隊飛行は昨年1年間にはみられなかった異例の動きで、相次ぐ北朝鮮のミサイル発射への対抗措置として韓米両軍が行ったミサイル射撃訓練や韓米日が朝鮮半島東の東海で実施した合同訓練への反発とみられる。

 北朝鮮軍の編隊飛行と韓国軍の対応は1時間ほど続いた。