【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領やバイデン米大統領らが来年3月29〜30日に2回目となる「民主主義サミット」を共同開催する。両国政府が30日までに発表した。韓米のほか、オランダ、ザンビア、コスタリカが共催国に含まれた。

 米ホワイトハウスは報道資料を通じ、「民主主義制度の主な役割を再確認し、今の時代で最も急がれる課題の対応で、集団的行動の効率化が重要であることを強調する」と説明した。

 同サミットはバイデン氏の呼びかけで昨年12月に初めて開かれ、100カ国・地域以上が参加。権威主義の台頭への対応と民主主義の強化に関して協議した。

 韓国大統領室は「共催を通じ、民主化の経験と反腐敗に向けた努力などを国際社会と共有するとともに、これを機に価値観外交の地平を広げていく」と強調した。

 サミットは前回と同じく、オンライン形式で開催される。