【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は30日、中国の軍用機2機とロシアの軍用機6機が南部と東部の韓国防空識別圏(KADIZ)に進入した後、KADIZを出たと明らかにした。領空侵犯はなかったという。

 合同参謀本部によると、同日午前5時48分ごろ、中国のH6爆撃機2機が済州島の南の岩礁、離於島の北西126キロでKADIZに進入。その後に東に移動し、同6時13分ごろKADIZから出た。同6時44分ごろには南東部・浦項の北東でKADIZに入った後に北側に飛行し、同7時7分ごろに出た。午後0時18分ごろには中国のH6爆撃機2機とロシアの軍用機6機(TU95戦略爆撃機4機、SU35戦闘機2機)が東部・鬱陵島の北東200キロでKADIZに進入した後に独島の東南側へ飛行し、同0時36分ごろKADIZを離れた。

 韓国軍は中国とロシアの軍用機がKADIZに進入する前から戦闘機を投入し、偶発的な状況に備えた戦術措置を取った。