【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領室は1日、ベトナムのグエン・スアン・フック国家主席が4〜6日に韓国を国賓として訪問すると発表した。

 5月の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後、海外首脳が国賓として訪韓するのは初めて。両首脳は5日に首脳会談や夕食会などを行う。

 尹大統領はフック主席との会談で、政治・安全保障や経済、地域・国際課題などでの両国の協力について協議する。大統領室は「ベトナムはわれわれ独自の『インド太平洋戦略』と『韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)連帯構想』の中心的な協力国」として、フック主席の国賓訪問が両国関係を包括的かつ戦略的なパートナーシップに発展させ、ASEANとの協力も一層強化する重要なきっかけになると強調した。

 政府が儀礼を尽くして接遇する国賓訪問は儀仗隊による栄誉礼や公式歓迎式、大統領主催の夕食会、礼砲発射、文化行事などが行われる。ただ、原則上、大統領任期中に1国につき1回に限られる。

 2017年11月には当時のトランプ米大統領が国賓として韓国を訪問した。