【ソウル聯合ニュース】韓国の農林畜産食品部は5日、今年1〜11月のキムチの米国向け輸出額が前年同期比1.7%増の2670万ドル(約35億8500万円)となり、同期として過去最高を記録したと発表した。輸出量は9.2%増の7991トンだった。

 キムチの年間対米輸出額は2018年の900万ドルから19年が1480万ドル、20年が2300万ドル、昨年が2820万ドルと増加を続けている。農林畜産食品部は、世界的な健康への関心の高まりに加えK―POPなど韓流の人気で韓国伝統の発酵食品であるキムチの知名度が上がったと背景を説明した。

 同部はキムチの輸出拡大につなげるため、米国でさまざまなPR活動を展開する予定だ。6日にワシントンの連邦議会議事堂でキムチのPRイベントを開き、7日にもワシントンのホテルで韓国発酵食品の紹介・試食イベントを開催する。