【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が7日公表した資料によると、昨年の単身世帯の数は716万6000世帯で、前年比52万2000世帯(7.9%)増加した。

◇単身世帯 50年には40%に迫る

 世帯数全体のうち、単身世帯が占める割合は33.4%まで上昇した。

 2005年までは20%台にとどまっていた単身世帯の割合は、19年に初めて30%を上回り、昨年も過去最高を更新。50年には単身世帯の割合が39.6%に達する見通しだ。

 年齢別では、29歳以下の単身世帯が19.8%で最も多かった。以下、70歳以上(18.1%)、30代(17.1%)、60代(16.4%)の順だった。

 地域別では京畿道(21.5%)に住む単身世帯が最も多く、次いでソウル(20.8%)だった。約4割がソウルとその近郊に住んでいることになる。

 住居形態は賃貸が最も多く、賃貸に住む単身世帯の割合(42.3%)は世帯全体(23.4%)を18.9ポイント上回った。

◇単身世帯の44%「結婚しなくてよい」

 調査の結果、単身世帯の50.3%は20年の時点で未婚だった。

 結婚していない理由については、「結婚資金の不足」(30.8%)を挙げた回答者が最も多かった。

 そもそも「結婚の必要性が感じられない」と答えた人も12.3%いた。

 単身世帯のうち「結婚しなければならない」と考えている人は47.1%で、半数を下回った。「結婚してもしなくてもよい」と考える割合は44.3%で、人口全体で占める割合(43.2%)より高かった。

 「結婚しなくても子どもを持つことができる」と考える人の割合(36.9%)も全体(34.7%)より高かった。

 単身世帯のうち「体調が悪い時に家事を頼める人がいる」と答えた人は67.7%で、残りの32.3%は頼める人がいないと答えた。

 「憂鬱(ゆううつ)な時に頼れる人がいない」と答えた人も26.3%いた。

◇ 単身世帯の平均所得280万円 借金は370万円

 単身世帯のうち、昨年仕事に就いていたのは414万世帯(57.8%)だった。残りの約302万世帯(42.2%)は無職だった。

 単身世帯の年間所得は平均2691万ウォン(約280万円)だった。

 所得別では1000万〜3000万ウォン未満(46.7%)が最も多く、1000万ウォン未満(21.0%)、3000万〜5000万ウォン未満(19.8%)などの順となった。

 単身世帯の月平均消費支出は140万9000ウォンだった。

 資産は平均2億1108万ウォン、負債は3583万ウォンとなっている。