【東京聯合ニュース】東京韓国学校(東京都新宿区)で11日、生徒が護身用の催涙スプレーを噴射し、生徒ら40人が目の痛みを訴えたり、気分が悪くなったりした。 

 同校はホームページで、「11日午前9時30分ごろ、校内において生徒がふざけて防犯スプレーを散布し、生徒が身体の異常を訴えた」として「救急隊の支援を要請し、該当者を病院に移送した」と明らかにした。

 同校の中等部に在学中の生徒が、学校に持ってきた催涙スプレーが本物であることを証明するために噴射し、成分がエアコンを通じて広がったという。

 日本メディアの報道によると、これまでに生徒ら40人が体調不良を訴え、このうち20人が病院に運ばれた。

 東京韓国学校の関係者は聯合ニュースの取材に対し「状況を収拾している」と述べた。