【ソウル聯合ニュース】18日午前8時半ごろ、朝鮮半島の中部戦線の非武装地帯(DMZ)内で作業中だった北朝鮮兵20〜30人が軍事境界線を一時侵犯したと、韓国軍合同参謀本部が同日発表した。韓国軍の警告放送・警告射撃を受け、北側に引き返したという。前回同様、道に迷ったものとみられる。北朝鮮兵は9日にも数十人が道に迷い軍事境界線を一時侵犯した。

 

 今回は当時とは異なる地域だという。韓国軍によると、北朝鮮軍は先ごろから、南北軍事境界線の北のDMZ内で地雷埋設などさまざまな作業を活発に行っている。軍事境界線を侵犯しているのはこれと関連があると韓国軍はみている。DMZ内は現在、樹木が生い茂っており、軍事境界線の標識もよく見えない状態という。