【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は25日、朝鮮戦争の勃発から74年を迎えて南東部・大邱で開かれた関連式典に出席し、北朝鮮がごみなどをぶら下げた「汚物風船」を韓国に向けて飛ばしていることや、ロシアと「包括的戦略パートナーシップ条約」を締結したことは「歴史の進歩に逆行する時代錯誤的な行動」と述べた。

 尹大統領は演説で、北朝鮮が汚物風船を飛ばしていることを「卑劣で非理性的な挑発」と規定し、ロシアと軍事同盟に準ずるとされる条約を締結したことについては「国連安全保障理事会決議に真っ向から違反(した)」と批判した。

 北朝鮮政権については「住民の残酷な暮らしから目を背け、同胞の人権を残忍に弾圧しながら政権の安危にのみ没頭している」として、国際社会の再三の警告にもかかわらず、核とミサイル能力を高度化して絶えず挑発を画策していると非難した。

 その上で、北朝鮮の挑発と脅威に対抗し、韓国の自由民主主義と国民の暮らしをしっかり守るとしながら、いかなる場合も北朝鮮が韓国を狙うことができないよう確固たる対応体制を維持し、挑発に圧倒的かつ断固として対応すると強調した。

 尹大統領は、朝鮮戦争について「北の政権が赤化統一の野望にとらわれて起こした取り返しのつかない惨劇」と指摘。韓国は戦争後、「血で自由大韓民国を守った護国英霊の意志を受け継ぎ、目覚ましい産業化の奇跡を成し遂げた」と説明した。

 今回の式典は朝鮮戦争の転換点となった大邱・慶尚北道地域での戦闘に注目し、地方に住む参戦功労者に感謝の気持ちを伝えるために大邱で開催された。